FC2ブログ

M27(あれい星雲) ノータッチガイド メシエ天体制覇を目指して

M27-トリミング


メシエNo.27はこぎつね座の惑星状星雲である「あれい星雲」です。やはり、夏の散開星団です。


このあれい星雲ですが、その名の通り鉄アレイのような恰好をした惑星状星雲です。今から3~400年前に一生を終えた恒星です。


惑星状星雲は恒星最後の姿です。我々の太陽も最後はこのような姿になるはずです。そして、惑星状星雲の中ではかなり大きい星雲となります。視直径7’ 等級7.6等級です。


こぎつね座ははくちょう座とわし座の間にある星座ですが、マイナーなためあまり語られることはないですね。なので、こぎつね座といってもぱっと思いつかない方も多いでしょう。


そのため、導入ははくちょうざの頭の部分にあるアルビレオからになります。アルビレオは銀河鉄道の夜にも出てくる操車場の信号機です。赤と青の二重星の星です。


今回は650mm ISO3200 露出90秒×8枚 です。日時と場所は2016/8/10の長野の山の中。ノータッチガイドです。


やはり、ISO3200だとざらつきますね。また、隣の青い星にゴーストが出ていますが、これはSkywatcherのコマコレクターのせいです。


尚、トリミングしないでそのままだと以下のようになります。


M27.jpg


その他諸元です。


カメラはCanonのkissX7改造。改造機でないと赤い色は出にくいです。

望遠鏡はSkywatcherのBKP130.焦点距離650mmF5の明るい望遠鏡です。

赤道儀はAZ-EQ5です。PPECを使用しています。

光害フィルターLPR-Nを使っています。

Skywacherの純正コマコレクター使用しています。


さて、この大きさだと1000mmのC8NでISO1600でガイド鏡を使った撮影で、4~5分撮るべきではと思ったりします。

しかし、ノータッチガイドのお気楽さとの兼ね合いで悩みどころではあります。


<M26(たて座の散開星団)  (いて座の球状星団)M28>





↓万能機であり入門機です。650mmでノータッチガイド可能です。今回ご紹介したのもノータッチガイドです。トリミングすることでほぼすべてのメシエ天体を撮ることが可能です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
もうM27っと思ったら3年前の画像ですね。
ベテルギウスが爆発したら、昼間でも見えるらしいですが、M27も爆発当時はすさまじいものがあったんでしょうね。

No title

ゴットハンドさん、いらっしゃいませ^^;

実はこちらのブログでは過去撮ったメシエの紹介もしています。Yahooブログ終了に伴い、星関係はこちらに移してきます。よろしくお願いいたします。

>M27も爆発当時はすさまじいものがあったんでしょうね。
でも、あまり記録に残っていないのが不思議なんですよね。超新星爆発でなく、普通の恒星の寿命の最後は地味に終わっていくのでしょうか。
プロフィール

まーしゃ

Author:まーしゃ
天体写真って難しいとお考えでしょうか。実は簡単に入れます。だけど奥が深いんです。どんどんはまっていきます。そんな中、間違ってばかりの試行錯誤でお気楽極楽天体写真とその撮り方を紹介していきたいと思います。
そして、親ブログのトリックエンジェルはトリックエンジェルの隠れ家に移行しました。よろしくお願いいたします。

検索フォーム
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問者
最新トラックバック
アクセスランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR