FC2ブログ

NGC474 他 BKP200/1000のファーストライト

NGC474-600.jpg

やまぎりさんのブログで教わった1億光年先のNGC474を撮ってみました。しかし、撮れましたが腕が不明瞭…。いやー、やまぎりさんのすごさを実感しました。

とりあえず3つの銀河が映っています。

NGC474-600-2.jpg

真ん中がNGC474. うお座の銀河です。視直径7.9 光度11.1等級 1億光年先の銀河です
その下がNGC470 視直径3.0 光度11.9等級
一番下がNGC467 視直径2.9 光度11.9等級

露出4分でISO1600で11枚コンポジット。SQM22.40

露出不足でしようか。うーん。

今回はいつもの秩父の公園。その中でも最高値に近い22.40という暗さ。一方、ガイドが安定せず16枚とって11枚を採用。

いろいろ考えさせられます。

BKP200/1000はC8Nと基本同じですが、少し重いようでふらふらしてガイドが安定しません。ここら辺がAZ-EQ5の限界のようです。

諸元です。

カメラはCanon EOS kiss7改です。
赤道儀はAZ-EQ5です。PPECを使用しています。
鏡筒はC8N 20cm 1000mニュートン反射望遠鏡です。
ガイド鏡:GS-60S(420mm F7)
ガイドカメラ:QHY-CCD
光害フィルターLPR-Nを使っています。
また、Skywatcher純正コマコレクターを使っています。

2020年11月21日 いつもの秩父の公園で撮影。

P.S.手動でコンポジットと画像調整してみました。
NGC474-3-600.jpg




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ややっ!いつの間にドデカ砲が増殖している!( ̄▽ ̄;)
と、おもったらレポートしてたんですね。見忘れた。
この鏡筒、自分がC8Nを買ったとき、タッチの差でシュミットから売り出して、悔しがったのを覚えてます。まあ、結局はC8Nで満足してますが。(^^;)
でも、BKPの方がかっこいいですよね。(^^;)

No title

あっ、そうそう、鏡筒紹介、間違ってますか?

No title

ゴットハンドさん、お久しぶりです。

つい衝動買いしてしましました。C8Nと同じなのですが…。
C8Nのほうのピント合わせを改造しようと考えて予備機として買いました。
C8Nとほとんど同じですが、ドローチューブを長く引き出せるので、その分、フィルターなどをかませられやすく、星雲用とかに考えています^^

No title

こんにちは!

NGC474とNGC470、暗い空だと44分でもここまで写ってしまうのですね。
とは言え、やっぱり淡い天体は遠征での撮影向きじゃないですよね^^;
AZEQ5にとっては、C8NとBKP200/1000のわずかな重量の差が効きますか。。オフアキにするって手もありますね。ガイド鏡が不要になるってのもありますが、重心も赤道儀側に移動しますので、安定方向かと思います。

No title

やまぎりさん、こんばんわ~。

やまぎりさんのコメントでだいぶ気づきました。
①C8NはアリミゾをVixenの万能アリミゾに変えていて軽量化している
②一方、BKP200/1000はその余ったアリミゾを鏡筒の上に乗せ重量が増している
③その結果、バランスが崩れガイド成功率が下がっている

ということでC8Nと同じ構造にしてみます。

しかし、遠征限界については重い課題ですね。
①キャンピングカーを買う
②別荘をいくつか買う
まあ、考えるだけならただでしょうか。
総撮影時間増加はちょっと考えないといけないですね。
プロフィール

まーしゃ

Author:まーしゃ
天体写真って難しいとお考えでしょうか。実は簡単に入れます。だけど奥が深いんです。どんどんはまっていきます。そんな中、間違ってばかりの試行錯誤でお気楽極楽天体写真とその撮り方を紹介していきたいと思います。

検索フォーム
フリーエリア
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問者
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR